小菊の怪談・オカルト日記

怪談や都市伝説などのオカルトを主として更新しています。

写真

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
写真

スレンダーマンの話


お久しぶりでございます。小菊です。
前回の更新から約半年ほど経ってしまいました…。私、ちゃんと生きてます!
私生活の方が少し落ち着きを取り戻したので、更新したいと思います…!

今回はですね、すごくオーソドックスに走ってしまったのですが、「スレンダーマン」についてです。

スレンダーマンとは、海外の都市伝説でですね、「見ると死ぬ」「写真で一緒に写ってしまったら気がおかしくなってしまう」といった、日本でいう「くねくね」と似たような存在です。
スレンダーマンは、異常なほど細く、スーツを着ていて、顔はのっぺらな男の風貌をしているそうです。

この話、元々はアメリカのサムシング・オーフル・フォーラムという日本では2ちゃんねるのようなサイトで「パラノーマルな画像を作り出そう」というスレッドが立ったそうです。そして、その2日後に、このスレッドに書き込んでいた「ビクター・サージ (Victor Surge)」という利用者が、子どもが遊んでいる画像に、黒い背広を着た長身で異常なほどやせた男の人物像をコラージュした白黒の画像を投稿したそうです。最初の投稿は、写真だけでしたが、その後彼は、まるで子どもたちが誘拐される様子を見ていた目撃者の証言のような文章を書き込み、この男に「スレンダーマン(痩せた男)」という名前を付けたそうです。

その文章がこちら↓

We didn't want to go, we didn't want to kill them, but its persistent silence and outstretched arms horrified and comforted us at the same time…

1983, photographer unknown, presumed dead.

訳:私たちは行きたくなかった、私たちは彼らを殺したくなかった。しかし、アレのいつまでも続く沈黙と伸ばされた腕は私たちを怯えさせたと同時に安らかにもさせた。
1983年 撮影者は不明。撮影者は死亡したと推定される。

One of two recovered photographs from the Stirling City Library blaze. Notable for being taken the day which fourteen children vanished and for what is referred to as “The Slender Man”. Deformities cited as film defects by officials. Fire at library occurred one week later. Actual photograph confiscated as evidence.

1986, photographer: Mary Thomas, missing since June 13th, 1986.

スターリング・シティ図書館の火事の現場跡の写真2枚のうちの1枚。注目するべきところは、14人の子供が失踪した日に撮影されていることで、”スレンダーマン”と称される男が写っている。事務所はフィルムに欠陥があったと述べている。図書館の火はその一週間後に起こった。写真は現場の証拠になるものとして押収された。
1986年 撮影者メアリー・トーマス 1986年6月13日失踪

※訳はwikipediaを参考に訳してみました。

サージのこうした追記により、これらの写真からまことしやかな噂がつき、サージからその後の投稿者はスレンダーマンに様々な設定を付け足していきました。

その後、このスレンダーマンはウイルスのようにたちまちネット上に広がり、都市伝説として恐怖の対象となりました。アメリカでは、超常現象や陰謀論を扱うラジオ番組にスレンダーマンについて尋ねるような投稿が寄せられたり、Youtubeにはスレンダーマンが登場する自主製作映画が投稿されるなど、多くの反響を呼びました。

ネットゲームがあるのも有名ですよね。スレンダーマンから逃げるという主旨のゲームはシリーズ化されています。

ただ、これは製作者によってまちまちであるため、一般的な要素は同じであるものの、全てが固定というわけではないようです。

スレンダーマンの主な基本設定
・異常に背が高く、痩せている
・のっぺらぼうな顔で白い
・スーツを着て、ネクタイを着用
・手足が長く、触手があることもある
・森とつながりがあり、瞬間移動の能力を持つ
・触手で威嚇してくることもある

そして、注目するべきポイントは、「スレンダーマンの近くにいるとスレンダー病という病気になり、偏執、悪夢、妄想に襲われ、鼻血を出したり、血の混じった咳を吐く」そうです。

なお、サージが作った写真は検索すると出てきますよ。私もパッと見て本物じゃないかと疑ったほどリアルな写真でした…。

スレンダーマンの話は以上になります。短い更新でした…。
Twitterでもつぶやいたのですが、今やっているフリーゲームの実況をやってみたいなーと思っているので、そのうちアナウンスできればと思います。

それでは今日はここまで。以上、「スレンダーマンの話」でした。

スポンサーサイト
写真

コメントの投稿

secret

かつみん ⇒ No title

2015/07/18 Sat|17:07|URL|EDITtop

久しぶりですね(^^)/

スレンダーマン・・名前だけ聞いたことはあったけど、いきさつは知らなかったです。外国にも日本と同じような都市伝説があるんですね!
これからさらに暑くなりそうなのでひんやりとする怪談話、、期待しております!!

頑張ってください!!

プロフィール

小菊

Author:小菊
小菊と申します。

怪談をはじめ都市伝説などのオカルトが好き。
妖怪も好き。お気に入りは鬼太郎と目玉おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。