小菊の怪談・オカルト日記

怪談や都市伝説などのオカルトを主として更新しています。

写真

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
写真

世界に存在する「幽霊屋敷」なるもの

こんばんは。小菊でございます。

今回は、世界に存在する所謂「幽霊屋敷」なるものをいくつか紹介したいと思います。

その中には、政府が公認している屋敷もあるそうですよ!



まずは、アメリカ・サンディエゴにある「Whaley ‘the gallows’ House」です。
ここは、「アメリカで最も呪われている屋敷」と言われ、アメリカ政府が「幽霊屋敷」と認定した屋敷で有名です。
始まりは、1857年にトーマス・ホエーリーという男性が、自宅を建て替えたことでした。
その建て替えた場所というのが、かつて処刑場だった場所だったのです。

それからというもの、彼と彼の家族は、謎の怪奇現象と不幸な出来事に悩まされます。
現在は、1852年にその地で処刑された、ジェームズ・ヤンキー・ジムという男性の幽霊やこの家の主であったトーマスの霊が現れるといいます。
彼らのほかにも、トーマスの母や子供の霊が走り回っているとも言われています。

そして、なんとこの屋敷、一般公開されているそうですよ。


次は、アメリカ・カリフォルニア州のサンノゼにある「ウィンチェスター・ミステリー・ハウス」です。
こちらの屋敷は「悪霊を惑わせるために増改築を繰り返した家」で有名です。

事の発端は、1866年に娘と夫を亡くし、悲しみに暮れていたサラ・ウィンチェスターという女性が友人の霊媒師に相談を持ち掛けたことから始まります。
ウィンチェスター一家は銃の製造などのビジネスで成功をおさめた一家でした。
霊媒師曰く、「ウィンチェスター一家が代々作ってきた銃が多くの命を奪ったため、その呪いがかけられている」ということだったのです。さらに、「彼らの魂が復讐の機会を狙っている」とも告げたのです。

これを聞いたサラは屋敷を建て、彼女が亡くなるまでの実に38年もの間、この屋敷の増改築を続けたといいます。

増改築を繰り返した屋敷の内部は、呪いからくる霊障を逃れるための隠し部屋や、通路までも作られています。

現在は観光地となり、ハロウィンや13日の金曜日に、夜の肝試しツアーが行われているそうですよ。



お次は、イギリス・エセックス州にある「ボーリー牧師館」です。
こちらは「世界で最も幽霊が出没する場所」として有名です。

その名の通り、元々はヘンリー・ブル牧師という方が自分で住むために建てた屋敷でした。

しかし、彼は屋敷で相次ぐ不可解な現象や謎の死に悩まされたといいます。
元々の目撃情報だった修道女や馬車の霊の出没やベルの音、ささやき声など、最初の時点でこれだけの現象が報告されていました。

さらに、1930年~1935年の間、ライオネル・フォスターという人物が夫妻で住んでいたそうですが、その時も状況は変わりませんでした。
報告された心霊現象は実に2000件以上!
尋常じゃないですね。

これらの現象は、1928年にエリック・スミス氏が司祭職を受け継いだ後でも止むことはありませんでした。
鳴らす人がいないのに狂ったように鳴り響く教会の鐘、ひとりでに鳴るオルガン、壁やドアから聞こえるノック、誰もいない廊下から聞こえてくる足音…。

そんな尋常ではないほど心霊現象が多発するわけとは、建てられた場所にありました。
この建物が建てられる前も、同じ場所に修道院があったのですが、ずいぶん昔にその修道院にいた修道士が尼僧と駆け落ちしようとして捕まり、惨殺されたそうです。


そこで1937年に超常現象研究者のハリー・プライスが調査と研究のために一年間住みました。
調査の間にもたくさんの怪奇現象や不可解な現象が多発したのですが、科学的な原因は解明ができませんでした。
その後、祈祷も行われたそうですが、完全になくなることはありませんでした。

結局、その2年後の1939年に不審な火事で建物が焼失し、今は何もない状態になっているそうですが、不気味な噂は絶えることがなく、ゴーストハンターたちが足を運ぶ場所になっているそうです。


ちなみに、この建物をテレビ局で取材をしたそうですが、たくさんの怪奇現象が起きた挙句に機材が壊れてしまったため(これも謎の強い電磁波によるものらしい)放送ができなかったそうです。



今回は以上になります。
今回紹介したもの以外でも、イギリスにはまだまだ心霊スポットがあるそうなので、また近いうちにまとめてご紹介したいと思います。そちらもご覧くださいね。

それでは以上、世界に存在する「幽霊屋敷」なるものでした!
スポンサーサイト
写真

コメントの投稿

secret

かつみん ⇒ こんばんは

2014/01/21 Tue|11:03|URL|EDITtop

ウィンチェスターの屋敷はテレビで見たことあります! 入ったら本当に迷子になりそうでした(笑)

最初の処刑場の屋敷のお話はニコールキッドマンの映画(アザーズ)を思い出してまたみたくなってしまいました!


また興味深い話しを楽しみにしてます(^_^)
頑張って下さい!!

小菊 ⇒ Re: こんばんは

2014/01/28 Tue|15:20|URL|EDITtop

いつもコメントありがとうございます。

ウィンチェスターの屋敷は日本でもいろんな番組で取り上げられているので、有名ですよね!
まるで、忍者屋敷のような屋敷ですね。

そうでしたか、その映画を見たことがないので、機会があれば教えてくださいね。

かつみん ⇒ こんばんは

2014/01/28 Tue|15:55|URL|EDITtop

実際の話しとは違うと思うんですけど、ニコールキッドマン(お母さん)、子供2人とお手伝いさん3人でとても大きな屋敷に住んでいるのですが、幽霊に悩まされている話しです!
結論をいうとこの家族もお手伝いさんも全員亡くなっていて(本人達は気づいてない)
この屋敷に引っ越してきた家族をお互いに幽霊だと怖がってた話しです!
シックスセンスに似てる印象でした!
小菊さんの屋敷のレポートも案外亡くなった事に気がつかないで生活してるだけかもしれませんよ(笑)

小菊 ⇒ Re: こんばんは

2014/01/28 Tue|17:56|URL|EDITtop


そんな映画があるんですか!まさに、私が紹介した屋敷そのものですね。
しかも家の住人が全員亡くなってるって…、もはやホーンテッドマンションです…;;

実は、私はホラー映画というものを見たことがないので、機会があったら見てみます。
シックスセンスもみたい映画の中に入っているので、一緒に見ます!

やっぱり、自分が死んだことをわかっていない幽霊もいるんですかね…。

プロフィール

小菊

Author:小菊
小菊と申します。

怪談をはじめ都市伝説などのオカルトが好き。
妖怪も好き。お気に入りは鬼太郎と目玉おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。