小菊の怪談・オカルト日記

怪談や都市伝説などのオカルトを主として更新しています。

ログ:2014年11月

写真

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
写真

地獄の沙汰も君次第


こんにちは。大変お久しぶりです。小菊です。

更新するする詐欺をしてから、半年近くたってしまいました…。やっとこ私生活が落ち着いたところなので、更新したいと思います。
改めまして、皆様、いかがお過ごしでしょうか?
とても寒い日が続いていますね…、そうこうしているうちに一年も残り少なくなってまいりました。
早いものですね。


さて、今回のテーマですが、かなり前から私が度々口に出している「鬼灯の冷徹」という漫画をご紹介したいと思います。
鬼灯の冷徹は月刊モーニングで現在連載中の漫画で、今年1月にはアニメも放送されました。単行本は現在16巻まで出ております。つい最近も新刊が出ていました。(2014年11月26日現在)
舞台は地獄、閻魔殿。閻魔大王の第一補佐官である鬼灯という鬼神がユニークな仲間たちと現世とは違った日常を送るギャグ漫画です。

しかし、物語の中には様々なキャラクターが登場します。
桃太郎や一寸法師、かちかち山のうさぎから、EU地獄のサタン、ベルゼブブ、それからキョンシーや座敷童といった妖怪まで、日本人なら一度は耳にしたことあるようなおとぎ話の英雄や歴史上の人物が、絵本や教科書の中とは違った形で登場します。

そのうえ、地獄の名前や生前どんなことをした人間が落ちるのかなど、事細かに書いてあるので、とても勉強になります。
その証拠に、漫画の単行本の帯には「こんな地獄なら、落ちてみたい…」と書かれています。

そして、これは私個人の勘なのですが、この「鬼灯の冷徹」を描いている作者・江口夏実さんはいわゆる”視える人”だと思っています。この漫画には地獄が舞台という事もあり、幽霊が頻繁に登場します。
しかし、この幽霊の出方や容姿がとてもではありませんが、視えない人には書けないような細かい描写で描かれているからです。私はあれは視える人が描いているものであると思っています。

この漫画は日本の地獄だけではなく、中国の妖怪やEU地獄なども存在します。
中国の妖怪としては、中国では吉兆のしるしとされている「白澤」という妖怪も登場するので、ぜひ読んでみてくださいね。


あなたも一緒に地獄へ落ちませんか?

それでは、短いですがこの辺で。

以上、「地獄の沙汰も君次第でした。」
スポンサーサイト

プロフィール

小菊

Author:小菊
小菊と申します。

怪談をはじめ都市伝説などのオカルトが好き。
妖怪も好き。お気に入りは鬼太郎と目玉おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。